ネットワークエンジニアの仕事内容の予測

通信ネットワークは、その成長が今だ過渡期にある。
インターネットの歴史はまだ浅く、今後さらに大きく発展する可能性を秘めている。
そのような業界で技術者として働くネットワークエンジニアは、将来の仕事の目的が立てづらい。
数年後や数十年後には、仕事のスタイルが大きく変化している可能性がある。
今は当然と考えている仕事内容が、将来では様変わりしていることも予想ができる。
そのため、中長期の目標だけでなく、短期の目標を優先して成果を出していくことが堅実である。

将来の見通し不鮮明な状態で、中長期を目標とする事は難しい。
まずは現状のネットワーク業界の中で、仕事のベストを果たすことが望ましい。
もし、将来の仕事のイメージが掴めなくとも、仕事の結果が着実に後の可能性として続いていく。
また、漠然とした目標を追っているよりも、身近にある目標をターゲットとした方が、仕事にも意欲が出てくる。

将来には、ネットワークエンジニアの仕事内容は大きく変わっているかもしれない。
それでも、着実にエンジニアとしての実績を積み重ねてきたのであれば、どのような変化があったとしても対応可能である。
加えて、ネットワーク関連の仕事の現状を把握し、身近な未来にどのような変化の兆候があるのかについて把握すれば、将来どのような目的を持って仕事をすればいいのかが、明確に分かってくる。
状況の変化を察知して対応し、ネットワークエンジニアとして実績が積み重ねられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です