ネットワークエンジニアの仕事と目標

ネットワークエンジニアの仕事内容で代表的な物は、ネットワークインフラの設計・構築・運用管理を行う事だ。
例えばネットワークインフラの設計では、自分の自由に設計して良い訳では無い。
クライアントがどんなシステムを求めているのかを考えて、なおかつコスト面や安定性、バランス等も考慮して設計する必要がある。
さらに、設計した物がクライアントの希望する物になっているのか、細かい部分を説明して納得して貰わなければならないのだ。

そのために設計技術だけでは無く、伝えたい事を正確に伝える事が出来るコミュニケーション能力が重要視される。
それもクライアントに魅力的な提案と思わせるような話術、あるいはプレゼン能力も必要だ。
ネットワーク業界は、非常にスピーディに進化して行くので、最新情報をチェックして迅速に自分に取り入れる必要も出て来るだろう。
ネットワークに関する知識、あるいは機器に関しても精通してプロフェッショナルでなければならない。

ネットワークエンジニアとして目指す目標は、大規模プロジェクトのような仕事が出来るスキルを持つことだ。
設計だけでは無く、要件定義も含めて出来るような存在とならなければならない。
そのためには現場での経験が必要であり、他のプロフェッショナルとも同レベルで仕事をしなければならないので、十分な知識や技術等が必要になるので、レベルの高いスキルが必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です